中島 大輔

interview

ヴァイスプレジデント 中島 大輔

<2022年入社>

Q. 現在行っている
業務を教えてください。

中島 大輔(以下 中島):M&Aによる事業発展の支援を行っています。 具体的には顧客開拓から提案、エグゼキューションまでの業務を行っています。

中島 大輔

Q. 入社の決め手となった
ポイントはなんですか。

中島:裁量性が高く、社内政治を気にせず一気通貫で支援できそうだと感じた点、 また、M&A業界では後発組だが、上場して席巻できそうな勢いを感じたためです。

Q. 入社前と入社後で感じた
ギャップを教えて下さい。

中島:顧客層とサービスラインナップが広い点です。 顧客層は上場している同業他社では扱わない売上数千万円規模の会社から数百億円規模の会社までと幅広く、サービスも同業他社と違って、M&A仲介やFA業務以外に、ベンチャー企業向けの資金調達やDD、PMI等の支援メニューがあり、何かしら顧客支援できるフックがあります。

Q. 仕事のやりがいを
教えて下さい。

中島:無事にM&Aに至ることは言うまでもないですが、最近はお客様のM&Aの検討プロセスでもやりがいを感じています。 オーダーメイド型の提案で大変な部分は多いですが、「そういう視点があったんだね」と気づきを提供できたと感じたり、「中島さんにお任せします」と頼って頂いたりする部分は存在意義や期待を感じてやりがいを感じています。

中島 大輔

Q. どんなキャリアを
築いていきたいですか。

中島:「一回中島に聞こう」という相談され続ける存在でいるためのキャリアを築きます。 そのためには、相談事の内容問わず、聞く耳をもち、必要であれば決断に役立つ情報やエッセンスを提供できるよう、まだまだ挑戦を続けていきます。

Q. これから入社される方への
メッセージをお願いします。

中島:M&Aは総合格闘家と例えられ、法務・会計・ビジネスなどの各専門分野への知見が求められます。 ただそれ以上に、相手が「人」であるため、「個」の力が試される分野でもあります。 「目の前の相手は今どのように感じているのか」そして「自分に何ができるのか」を繰り返し考え行動し続け、付加価値を一緒に提供していきたいですね!

中島 大輔
採用エントリー >